読書が好きな子に育てる方法とアイデア

読書を好きにさせる方法を伝授!

子どもが読書を好きになる理由

子どもが一人で机にむかって、本を黙々と読むのはハードルが高いことです。 文章を読むことが退屈で、辛いものであると感じてしまってはいけません。 そこでまずは誰かと一緒に読書を楽しむことから始めてみましょう。 友達でもいいですが、子ども同士だと難しい場合もあります。 子どもが読書をするのに一番いい相手は親です。

読書をすればこんなにいいことがある、を知ることが大切

親から一方的に本を読みなさいと言われても子どもからすれば何で?となります。 文章力がつく、読解力や思考力も鍛えられる、集中力がつくなど読書のメリットを挙げればキリがありません。 それくらい読書で得られるものはたくさんあるということです。 しかしこれらは大人目線のものなので、子ども目線で考えてみてください。

本は難しくて、退屈なものではないことを教えてあげる

文字がたくさん並んでいる本は何だか難しそう、つまらなそう。 そんな印象を抱き、読むことをやめてしまう子どもが非常に多いです。 しかし、読んでみれば意外と面白いという場合もあります。 少しも読まずに判断してしまうのはもったいないですよね。 本って実は面白いものなんだよ、と教えてあげましょう。

親子で読書を楽しもう!

小さい頃からずっと本を読むのが好きな人もいれば、子どもの頃から大人になっても本を読むのが嫌いな人もいます。
なぜそのような差が生まれてしまうのでしょうか。

私は物心ついた頃にはすでに本を読むのが好きでした。
その理由を考えてみたところ、思い当たることが二つあります。
一つは自分の性格です。
友達と外で走り回って遊ぶよりも、部屋で静かに遊ぶ方が好きな子どもでした。
内向的だけど、実は元気一杯で社交的な子に憧れがありました。
そんな性格の子どもが読書に耽るようになるのは自然の流れだったのかもしれません。
もう一つは育った環境です。
私の家には本がたくさんありました。
母が本好きであったことや、小さいうちから本を読んでいた方がいいと考えていたことがその理由です。
色んな本を読み聞かせてくれたり、面白いと話題の本を買ってきてくれたりしていました。

この二つのどちらかに当てはまっていれば、読書が好きになるとは言い切れません。
私はこの二つのどちらも当てはまっていたから本を読むのが好きになったからです。
家に本がたくさんあっても活発な性格だったら、本を読まずに外で遊んでいた可能性もあります。
しかしこの二つに当てはまらなかったからといって、読書が好きになる見込みがないわけではありません。
ちょっとした工夫で本に興味をもってもらうことは出来ます。

このサイトでは子どもに本を好きになってもらうための方法やアイデアをご紹介します。
これらを実践することで一人でも多くの子に読書を好きになってもらえたら幸いです。