日本光電によるAEDの成り立ちや価格面について

AEDで認知されている日本光電においては、あまり聞きなれていない人もいるのではないでしょうか。このメーカーにおける代表的な商品としては脳波計や心電計、ピースメーカなどの医療機器を中心とした販売開発をしており、商品より見てわかる通りで、事業内容については医療に関連しているIT技術開発を行っており、医療現場だけにとどまらず、在宅治療や介護にまでたずさわっていき、幅広く営業をしています。また、日本国内だけではなく医療に関しては国境はないとの考えより世界における120カ国以上に技術による提供や輸出もしており、1950年代には世界初の商品などを色々販売して、この頃より世界へ輸出を開始して、1960年代においては東証二部へと上場を果たして加速を続けていき、1970年代後半においては、アメリカにおいて子会社を設立して、また高い技術によって評価されスペースシャトルによる計画の参加もしており、その後についても国内は元より、中国やシンガポール、イタリアなど世界各国において拠点を設けて、医療に携わり続けていき、国内においては除細動器による開発や製造している会社になり東証一部上場を果たしており、2007年における東京オリンピックについてはAEDでサポートとしても参加しております。また、購入に関しては、販売価格も重要ですが接客や管理、アフタフォローがしっかりしている所を選ぶ事が大事です。

日本光電のAEDの価格は適正か

多くの医療機器の販売を行っているのが日本光電です。主にAEDと呼ばれる、一般の人でも使用することのできる除細動器の販売も行っています。ホームページによれば、販売価格は30~40万円台ということです。これが高いのか、安いのか。結論から言えば安いです。まず、人間の命を救うことができるものであるということがあります。心室細動を起こした人は心臓が動かなくなり、意識を失い、そのままだと数分で脳死に至ります。心臓マッサージをしたとしてもはたしてどれくらいの人が正しい心臓マッサージができるのか、疑問が残ります。AEDを使用した電気的除細動を行えば、自分の心臓が適切に動き出す可能性があり、たとえ病院に運ばれたとしても同様の処置が施されます。それができる機械としては、適正な価格であるといえます。個人消費されるものではないため、販売数も多くはないため低価格化することは難しいし、いざというとき使用できない、アフターフォローもうまくいっていないAEDを買うよりは、信頼できるメーカーのものを準備したほうが、いざというときにきちんと役に立ってくれます。

日本光電のAEDの価格は色々です

街角でよく見かけるようになったAED通称人口蘇生装置は日本では日本光電という会社が製造しています。この会社は脳波計や心電計、ピースメーカなど医療機器を中心に販売開発も行っており、その製品の品質に関しては文句の付け所がないぐらいとても素晴らしいです。他にもオムロンやフィリップスなど海外のメーカーもAEDを製造販売していますがやはり日本光電のカルジオライフという商品が手軽に簡単にすばやく使用することが出来てとても品質に優れています。この機械の販売価格は販売代理店によって差があります。価格差の中身をチェックすると、商品代品位外に、商品の保障やアフターケアの内容によって価格差も生じているようです。早々この装置は耐久性にすぐれるので故障することはありませんが、値段ではなく使用方法など色々と丁寧に対応してくれる親切な販売代理店から購入することがお勧めかもしれません。