下肢静脈瘤という疾患には最新の治療方法を始め、様々な方法があります

下肢静脈瘤の治療方法にはいくつかの方法があります。
一つは保存方法といって、医療用の弾性ストッキングや弾性包帯などを使用して下肢の部分に適度な圧力をかけることにより、余分な血液がたまることを防ぎ、下肢部分の血液の流れを良くするというものです。
多くは医療用のものを使用する事が多いです。
ただこのように圧迫をする方法は、下肢静脈瘤の現在の状態を悪化させないように病状の進行を防ぐためのものです。
根本的に治す事はできませんが、下肢静脈瘤を治す過程の中で大切な過程とみなされておりますので、よく用いられている方法です。

また硬化療法といって、静脈の中に硬化剤という薬剤を注入して、静脈内の壁同士を付着させたり、血液のかたまりを作って、詰めてしまうといった方法もあります。
この方法は、病状が軽度の状態にのみ効果があるとされています。

他の方法にはストリッピング手術といって、静脈瘤を根本的に治してしまう方法もあります。
以前から行われている方法ですが、静脈の弁が不全の状態になっている部分を抜いてしまう方法です。
この疾患が再発をする確率がとても低いのと、根本的に治すことができますので、良く用いられている方法です。
この方法は、周囲の神経に傷を付けてしまうかもしれないというリスクがありますので、よく検討をすることが必要です。

高位結さつ手術と硬化療法を併せて行う事もあります。
静脈を抜かないで、弁の不全がおこっている静脈と本幹部分が合わさっている部分を縛り、切り離す方法と硬化療法を併せて行います。

そしてレーザー治療、弁形成術、血管内視鏡という手術方法もあります。
これは静脈瘤の中でも、軽症といわれている網目状やくもの巣状の静脈瘤に、効果があるとされています。
が、これらのレーザー、弁形成術、血管内視鏡といった方法は、現在行われている医療機関が少ないといった状況があることなどから、有効な効果をもたらす方法としての確立は出来上がっていません。

もう一つは、静脈内レーザー治療という方法です。
この方法は最新の方法で、エンドレーザー法といわれていますが、静脈内にレーザーファイバーというものを挿入して、静脈の内側を焼灼してしまう方法です。従来の手術とは違って局所麻酔で行え、高度な方法でもありますので傷跡がほとんど残らず、短時間で治す事ができますので、患者様の身体の負担がとても軽減できます。
この方法はますます期待されているといえます。