下肢静脈瘤の危険と治療、そして予防についての知識を持つことについて

下肢静脈瘤とは、足などの下半身の血流が悪くなることによって起こる疾患のことです。症状としては、下半身にだるいなどの自覚症状を覚えたり、皮膚が瘤状に変形してしまったり、さらには色素沈着などが上げられます。また、女性に発症する比率が高く、特に妊娠や出産が原因になる事が多いようです。その他にも、遺伝によって発症するケースもあるようです。
一見したら、大したことの無い病気のように思えるかもしれませんが、場合によっては重症になるケースも多くあります。治療法は比較的症状の軽いものでは圧迫法と呼ばれる専用のストッキングを着用するものやマッサージ法などがあげられます。また、静脈瘤の形状によって硬化療法や静脈抜去手術などの治療があります。
こういった治療法は確立されてはいますが、残念なことにどの治療法に置いても再発するケースが多いようです。では、どうするのが良いかと言えば、予防を行うことによってそもそも病気にならないことが最も良いことになるでしょう。具体的にどんなものが有効かと言うと、よく言われるのが運動ですが、単純に運動と言っても誤った運動の仕方を行うと返って下肢静脈瘤を悪化させる原因になることもあるので気を付けましょう。

では、どのような運動が適切かと言うと、有酸素運動といった比較的ゆっくりと長時間行える運動が効果的でしょう。これだけなら簡単に行うことが出来ますし、高齢者でも行えるので良い予防と言えるでしょう。
しかし、これだけでは万全とは言えません。寝る際に足を高くして寝ることや、先ほど治療方法で説明したストッキングを日頃から利用するなど、簡単に出来る予防がたくさんあります。
この病気は生活習慣の劣悪さや加齢に伴い発症する可能性が高まります。
中でも仕事のために一日中立ちっぱなしという状態は最も発症する可能性が高くなってしまいます。なので、普段からの何気ない生活を見直すことが、静脈瘤に限らず病気全般の予防に繋がり生活をより豊かにするのではないでしょうか。ある調査によれば15歳以上の男女の約4割が静脈瘤を認められているそうで、高齢になるにつれてその割合が高くなっています。
やりすぎる必要はありませんが、一度病気が発症してしまえば日常生活に支障を伴ったり一生残る後遺症が残ってしまうこともあります。これらを考えれば、日常の些細な行動を少し見直すだけということなら誰もが行った方が良いように思われます。