>

本は難しくて、退屈なものではないことを教えてあげる

関心・興味のある内容の本から始める

文章力や読解力をつけてほしいからといって、最初から難しい本を選んでいてはいつまでたってもその子にとって、本は難しくて退屈なものです。
誰にでも興味のあることは一つや二つありますよね。
子どもであればなおさらその数は多いはずです。
そんな興味のある事柄が書かれた本を読むことから始めましょう。
最初はそれが文字数の少ない図鑑であっても大丈夫です。
徐々にレベルを上げていって、最終的には絵がなくて文字だけの本が読めるようになります。
それまで焦らず気長に待ってあげてください。
国語の勉強として、時には興味がない文章も読まなくてはいけません。
しかし、読書がそのためだけのものでは本の楽しさは感じられませんよね。
まずは本を読むことの楽しさを教えてあげましょう。

読書のハードルを下げてあげる

本を読むことにあまりいいイメージをもっていない子もいます。
そんな子に最初から最後までちゃんと読むことを強要しては、読書が余計に嫌いになってしまいますよね。
これは意外かもしれませんが、子どもに限らず大人でも本を最初から最後まで読む必要なんてありません。
自分に必要な情報が書いてある部分だけ、興味がある項目だけ読む、それでいいんです。
私はかつて、一度開いた本は最後まで読み切らなくていけないという、謎の使命感をもっていました。
しかし、今ではそれが時間と労力の無駄な消費であることを知っています。
つまらない本を最後まで読む時間があるのなら、その時間を他の楽しい本や自分のためになる本を探して読むことに当てた方が有意義です。
つまらなかったら途中でやめてもいいよ、と声を掛けてあげてください。
そうすることで読書のハードルが下がり、それなら読んでみようかなという気になるでしょう。


この記事をシェアする